肌にいいコラーゲンの商品を口コミを利用して購入する

男の人と女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

色によって効果が違う

レディ

主な種類と効果

マカとは、南米ペルーに生息するアブラナ科の多年生植物で、その根っこを栄養素として利用しています。マカのイメージとしては、滋養強壮や、疲労回復効果ですが、マカは記録されているだけで100種類存在し、その根っこの色によって効果、効能が変わってきます。ですので、目的に合った成分のものを摂取することが大切です。マカは、大きく3種類の色に分けることができます。黒紫色から黒色までの黒マカ、ピンク色から赤色までの赤マカ、白からクリーム色などの黄マカがあります。主な効果として、黒系成分は精子の生産性や精力回復に優れており、滋養強壮や男性の不妊治療、勢力促進につながります。赤系成分は精子の生産量は低いですが、前立腺保護効果が高いとされています。ですので、前立腺肥大症の改善や予防に期待できます。また、骨密度を高める効果も期待できるので、女性に多く見られる骨粗しょう症を防止する力があります。黄系成分には、黒系と同じく滋養強壮や精力促進効果がありますが、色の濃いものほど効果が高いので、黒系より栄養素が少なく効果か薄くなります。なので、主に日本で主流な色は黒系と赤系になります。これら効能は、生のマカのものですが、ペルーからマカを生のまま国外へ持ち出すことは禁止されているので、乾燥させ粉末状にしたものか、有効成分を抽出しカプセルや錠剤にしたものを摂取することになります。生に近い効果を得るためには、粉末の方がより近い効果を期待することができます。